投稿者 marsan0160 | 2013年11月9日

小田原バリアフリー情報①

小田原のバリアフリー情報をリアルにお届けします。
今回はその第1段。私の知人で車椅子のK氏にご協力いただき(顔だしOK)
小田原駅~小田原城北入口~本丸~報徳二宮神社~銅門~二の丸~学橋~小田原駅
というルートをまわってみました。そのご報告です。
小田原城へお越しの際ご参考になさってください。

DSC00488

小田急線小田原駅には中央付近にエレベータがあります。

DSC00490

改札を出て左手に(東口方面)進むとJR改札があり、大きな提灯が飾ってあります。
手前の標識に「エレベータ」の案内。

DSC00546

本来の駅のエレベータは東口へ下りる階段手前を左に折れ(大雄山線のりばの方)、突きあたりを右に行ったところにあります。

DSC00547

今回は日中でしたので階段手前の右側から駅ビル”ラスカ”に入り・・・・。

DSC00491

奥のエレベータを利用しました。

DSC00492

ラスカを出たら右手に進み

DSC00493

派出所前をさらに進みます。(北入口方面)

DSC00548

2013年10月現在駅前の再開発工事のため歩道が少し移動しづらくなっていますが特に問題はありません。いずれ綺麗になることでしょう。

DSC00494

途中、多少の上り坂があります。車椅子の方の状況によっては介助者が必要です。

DSC00549

突きあたり信号を渡ります。

DSC00495

信号を渡ったら右に進みます。この先は上り坂です。介助者が必要です。

DSC00550

ここから小田原城内に入ります。

DSC00497

この先はさらに上り坂です。介助者が必要です。K氏一生懸命です。(・。・;

DSC00498

本丸広場に到着。天気が良いと気持ちいいです。
以前はぞうの「ウメ子」がいたんですよ。人気ものでした。

DSC00499

天守閣はエレベータが無いため断念し、「ミューゼ」という美術館のミュージアムショップを見学。入口は段差が無く車椅子でも入れます。

DSC00500

本丸広場は全域ジャリのため前輪を浮かせての移動が必要です。(トラベルヘルパーは講習受けているので対応可能です)

DSC00501

本丸広場のトイレは車椅子対応となっていますが、画像のようにトイレ前が段差になっているため介助者が必要です。

DSC00503

本丸から報徳二宮神社へ向かう道は急な坂道です。介助者ならびにバックでの移動が必要です。

DSC00504

段差もあります。

DSC00508

秋ですねぇ~。ぎんなんが落ちてて特有の香りが・・・・。

DSC00509

一応スロープのようになっているので神社へは行かれます。

DSC00510

二宮金次郎像前で。

DSC00511

こういう溝があるのでご注意を!ちなみにK氏脱輪してました。

DSC00512

DSC00513

南曲輪(みなみくるわ)~御茶壺曲輪~馬屋曲輪と進み住吉橋を渡ります。

DSC00514

銅門(あかがねもん)です。

DSC00516

歴史見聞館はバリアフリー対応です。
入館料も割り引きになるので障害者手帳お持ちの方は忘れずに!

DSC00517

二の丸広場です。よくイベントが開かれる場所です。ここもジャリです。

DSC00518

歴史見聞館から二の丸広場の周りを行くと車椅子でも移動しやすい道があるのでそちらもご利用ください。

DSC00519

「学橋」を渡って場外へ。駅の方へ向かうとすぐのベンチで猫のぬいぐるみの様なものを売っているおばちゃんがいます。(写真に写っていただけませんでした)週末やイベントの時は是非探してみて下さい。ところでこの猫たち、中はいったいなんでしょう?答えはこの画像の中にあります。

DSC00520

駅まではフラットな道が続きます。

DSC00524

こちらが駅のエレベータです。

DSC00525

DSC00526

買ってきた猫たち。200円/個也。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。